FC2ブログ

クルマとミニカーのにわか道楽日記

タイトルとかけ離れた事ばかり好き勝手に書いてます。

トヨタ、2020年のWRCドライバーを発表。

ご訪問ありがとうございます。

あっという間に12月。令和元年も終わりですね。
さて、ストーブリーグが始まりましたが、
トヨタの2020年WRCはびっくり。

何とドライバー全員総取っ替え。
しかも、あのセバスチャン・オジェが。
まさか、オジェがトヨタとは。
間違いなくトップドライバーだと思いますが、
個人的にはあんまり好きじゃないんだよな。

でも、トヨタに乗るなら応援します。

そして、エルフィン・エバンス。
正直あまり知らないですが、このところ上位に入る、
意外と実力ありそうなドライバー。

もう一人は、カッレ・ロバンペラ。
お父さんが、ハリ・ロバンペラですね。
期待の新人というところですね。

しかし、ラトバラとミークがあっさりお払い箱。
特にラトバラは今季もリタイア多かったですからね。
ミークも同じく、完走率低かったかと。
私の中ではラトバラは速いけど勝てない、という印象。
来年はWRCも日本で開催するし、
是非ともマニュファクチャラーズタイトル欲しいのでしょう。

タナックが抜けた穴はとても大きいですが、
来期はダブルタイトル奪取して欲しいですね。
スポンサーサイト



WRCオーストラリア、中止に。

ご訪問ありがとうございます。

大規模な山火事の影響で、
中止が囁かれていたラリー オーストラリア。

正式に中止が発表されました。

ということは、
トヨタのマニュファクチャラーズタイトル、
今年は取れないことも確定しちゃいました。

どうも納得いかない決定ですが、
現地はラリーどころじゃない模様。

てか、日本で全く報道されないので、
そんなに酷いとは思いませんでした。

ヒュンダイが何もせずタイトル獲得…。
ま、今までの戦績の結果ですけど、
何だかとっても悔しい気分です。

来年は日本でもWRC開催されるので、
是非ともトヨタに勝って欲しいです。

タナック、ヒュンダイへ。

ご訪問ありがとうございます。

トヨタがドライバーズタイトル獲得して、
来年は日本でも勝てるぞ!なんて喜んでたら、
何と、とっても悲しいニュースが。

今季チャンピオン獲得のタナックが、
来季はヒュンダイへ移籍だと。

何それ。
かなりがっかり。
というか、もうタナック応援しません。

シュコダとかに行くならまだしも、
何で韓国のヒュンダイなの?

韓国の人は悪くありませんが、
文大統領のせいで、韓国が嫌いになりました。

そんな韓国の自動車メーカーに行く?

トヨタさん、是非とも勝てるドライバーを確保し、
来季も別のドライバーでチャンピオンを!

しかし、ホントがっかりなニュースです。
セバスチャン・ローブのようなドライバー、
トヨタに入って欲しいなぁ。

ラトバラとミークはクラッシュ多いんだよなぁ。

トヨタ、WRCドライバーズタイトル獲得。

ご訪問ありがとうございます。

すでに2日ほど経ちましたが、
タナックが、ドライバーズタイトルを獲得。
昨年はマニュファクチャラーズタイトルと、
WRCでの活躍は素晴らしいです。

特にドライバーズタイトルはトヨタは25年ぶり。

WRCの活躍で、ヨーロッパの販売も好調だとか。

今年のマニュファクチャラーズの獲得は、
ちと厳しい情勢ですが、2連覇して欲しいですね。

最終戦は11月14日からオーストラリアにて。

ダブルタイトル獲得に向け、頑張れ!

トヨタ、WRCを制す。

ご訪問ありがとうございます。

WRC最終戦のオーストラリア戦が開催され、
トヨタヤリスのラトバラが優勝。
そして、もう一台のラッピが4位。
これにより、トヨタが参戦二年目にして、
マニュファクチャラーズチャンピオンを獲得!

凄いですねー、トヨタ。
F1では思うような結果を残せませんでしたが、
WRCで雪辱を晴らす素晴らしい結果を残しました。

この結果はモータースポーツが盛んなヨーロッパで、
確実に販売台数に結び付く事になるでしょう。

こういう成果はやはり社長がムードメーカーである事が、
着実に実を結んでいるのでしょうね。

クルマ好きを公言する社長ですから、
それが良い方向に向かっているのではないでしょうか。

なんにしろ、本当に嬉しいです。
来年はドライバーズチャンピオンも獲得したいですね。

ところで、三菱とスバルは出ないのかい?

 | HOME |  »

検索フォーム

リンクして頂いた皆さん

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ご訪問件数

QRコード

QR