クルマとミニカーのにわか道楽日記

タイトルとかけ離れた事ばかり好き勝手に書いてます。

Hereafter。

ご訪問、ありがとうございます。

ミニブロ博、2/25開催です。1週間切りましたね。
詳しくはこちら

出展予定のミニカー、とうとう大失敗をしてしまい…。


本日は、映画です。
この作品、「不遇」という言葉が相応しいかも。

Hereafter.jpg
2011年公開の作品です。

まず始めに。

オープニングで、津波のシーンがあります。
このせいで、公開間もなく中止になったとか。

なので、震災の被害に遭われた方は、お勧めできません。

でも、観て良かったです。
「死」という事に対して、考えさせられる作品です。

Hereafterというのは、「来世」という意味。

主人公のジョージ(マット・デイモン)は、死後の世界とコンタクト出来ます。
そして、その能力に嫌気が差し、封印しようとしますが、
周りがなかなかそうさせてくれません。

物語は、他に2人が登場し、それぞれ「死」について、
深い悲しみや苦悩をかかえています。

ま、あらすじは映画サイトのほうが上手ですから、そちらを。


私、最近映画は吹替で観るんです。
前は字幕に拘ってましたが、最近は「ながら見」が多いので。
ほとんどの映画は、これで事足りてしまいます。

でも、この作品は「ながら見」が出来ず、引き込まれましたね。


クリント・イーストウッドの監督作品ですが、
役者だけじゃなくて監督としても素晴らしいです。

ラストは、もうちょっと先まで見せてよー!という感じですが、
あとは皆さんのご想像に、というのがニクイ。


制作陣が求めた津波のリアルさが、
お勧め出来なくなってしまう一番の要因なのが皮肉です。

震災さえなければ…。


しかし、マット・デイモン、カッコいいですねー。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ae86bj70y60rz185r32.blog112.fc2.com/tb.php/1022-747c48b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

検索フォーム

今何時?

リンクして頂いた皆さん

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ご訪問件数

QRコード

QR