FC2ブログ

クルマとミニカーのにわか道楽日記

タイトルとかけ離れた事ばかり好き勝手に書いてます。

74。

ご訪問、ありがとうございます。

少し過ぎてしまいましたが。

IMGP0194.jpg

IMGP0201.jpg

多くは語らなくてもいいですね。

IMGP0156_20120423233108.jpg




スポンサーサイト

コメント

この数字を見て大治郎を連想する人はそんなに多くないのだろうな?
7月4日はインディペンデンスディよりむしろ彼の誕生日として記憶されています。
今も走っていたら、、、KCといい勝負していたかな、、、いや、むしろブッちぎりか。。。
筑波でデビュー当時から見ていましたが、雨が降ればほぼ漏れなく転倒。ドライなら表彰台という無鉄砲ぶりが何かすごく魅力的でした。
いつからか、その走りは芸術的なものになり、、、クリップ付近でグリっと向き変えて、スッとマシン立てて、スィーっと誰よりもスピード乗せて加速していくスゴいものに変わりました。
筑波の最終コーナーをスピード殺さずに回り、ユラユラ揺れながら猛然と加速していく姿が今でも目に焼き付いています。
どこまでも速くなっていくような、無限の可能性を感じた日本人ライダーは後にも先にも彼だけです。
もっと走っているところを見たかったなぁ。

てるちゃんへ

確かに、大治郎を連想する人は当時を知ってる人だけかもしれません。

いつもてるちゃんが「あいつはすごいよ」と言ってたのを思い出します。
ロッシが「ライバルだ」と言っていたのが印象的でした。

大治郎が生きていたら、ロッシも勝てなかったかも。

今週末の筑波、大治郎のように走れるかな(汗)?

芸術的なコーナリングが出来るようにガンバろっと。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ae86bj70y60rz185r32.blog112.fc2.com/tb.php/1085-aa3f1c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

検索フォーム

リンクして頂いた皆さん

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ご訪問件数

QRコード

QR