FC2ブログ

クルマとミニカーのにわか道楽日記

タイトルとかけ離れた事ばかり好き勝手に書いてます。

許せない。

ご訪問、ありがとうございます。

今日はホントに腹立つ事が。

私のお友達の32が盗まれて、タイや・ホイール・ブレーキなど
足回りを盗られた状態で発見されました。


ホント、こういう輩は死んでほしいですね。

人が大切にしてる物を平気で盗む。


何か、うまく言葉にできませんが、
とにかく、ムカムカします。


私も自宅で空き巣の被害に遭い、時計その他を盗まれた事があります。

結局犯人は捕まり、時計は戻ってきましたが、
旅行用に貯めていた現金30万は戻らず。

しかも、犯人は逮捕されただけで、不起訴。

時計も壊されていて、修理代に4万円。
もちろん、私が払いました。

いじめの問題が取り立たされてますが、
この国は、なぜ加害者や罪人に優しいんでしょうね。

ある人は、財布を盗まれて警察に被害届を出しに行ったら、
「元々持って無かったんじゃないの?」とか、
「何でそんなに現金を持ち歩いてるの?」など、
盗まれた人が悪いような言い方ばかり。

こんな対応だから、犯罪が無くならないんでしょう。


あー、ムカムカ。

スポンサーサイト



コメント

ホントにサイテーですね。
どんなものでも持ち主にはいろんな思いがあるはずなのにそれを平気で盗るなんて意味がわかりません。
空き巣はお気の毒でしたね。しかし犯人が逮捕されただけで不起訴ってこれも意味が全くわかりません。
確かにこの国は加害者に優しすぎだと思います。人権とかなんとかで、被害者はどうなんだ!って感じです。
長くなっちゃいましたね、すいません。

こんばんは。
同じくそういう人の色々な意味で大切なものを盗む輩許せません。
僕の友人もスープラをまるまる盗まれてそのままになってます…。
とむさんの遭われた被害の処置にも呆然と。

少し話はそれますが、
以前友人が空き巣にあって、車も盗まれて、事故車で発見されて(しかも中に人が乗ったまま)…。
中の人間は犯人or関係者の筈なのに、病院から退院時に直で無罪放免。
いじめ事件と同じく、組織や親族などの繋がりで放免されるツテがあるのでしょうけど…
その県警は昔いじめ事件(被害者死亡)の主犯が就職している事もあり、信用できない事が多いです。
本当に犯罪者を擁護する法律が多すぎることに辟易とします…。
人に危害を加えず、、犯罪を犯さずに生活している人間を守る法律に、もっと改正してほしいと願わずにいられません。

長々とすいませんでした。

きよさま

コメントありがとうございます。

窃盗は人を殺してないから、という理由で罪が軽いのでしょうが、
窃盗が引き金となり、殺人になる事もあるのです。

再犯を防ぐためにも、厳罰に処すほうがいいと思います。

不起訴や基礎猶予なんて事をするから、また同じ事を繰り返すので。

とにかく、今は自衛手段をしっかり取るしかないですね。

わかさま

毎度ありがとうございます。

結局、警察は一般市民の事件を軽んじてるのでしょう。
裁判所も同じですね。


「窃盗なんて毎日あるよ。」


そんな気持ちなんでしょう。

友人もスープラ、ひどいですね。
私の他の友人も32盗られて出てきません。

友人の空き巣の被害、有り得ないですね。

被害者が警察の身内なら、全く違う対応をするのでしょう。

速度超過は取り締まるのに、窃盗は無罪。

どうなってるんでしょうね、日本の警察。


不起訴や基礎猶予にする代わりに、被害者への慰謝料を義務付ければいいのに。

そういう改革をしてくれる政党、ないんですかねぇ。

加害者に対しての人権のあり方を広めて「俺(私)広い見識持っている凄いでしょ?!」って感覚しか無いのが多いって事ですよww

私も20年ぐらい前にサバンナを寝かせていた時、アルミとタイヤ4本盗まれて車がブロックの上で亀になってました。
しかしマツダ専用のPCD110ミリ、使い道あったのかなぁ。(笑

清四郎さま

こんばんは。

まぁ、そうなんでしょうね。
私的には、自分も被害に遭ってるので、笑い事じゃないですが。

えーちゃんさま

こんばんは。

そうだったんですね。
そういう輩は、間違った付け方して事故ってるんじゃないですかね。

バイクを盗んで、逃走の末に事故で死亡、というニュースを見ても、
全くかわいそうだと思いません。むしろ死んで当然。

ただ、一般車を巻き込むのだけは許せませんけどね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ae86bj70y60rz185r32.blog112.fc2.com/tb.php/1193-d3345d49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

検索フォーム

リンクして頂いた皆さん

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ご訪問件数

QRコード

QR