クルマとミニカーのにわか道楽日記

タイトルとかけ離れた事ばかり好き勝手に書いてます。

「奇跡のリンゴ」。

ご訪問、ありがとうございます。

今日はDVDで観た映画のご紹介。

ringo.jpg

期待してませんでしたが、これがまた。

まずはあらすじ。

1975年。
秋則(阿部サダヲ)は青森県弘前市で妻の美栄子(菅野美穂)と共に
リンゴを栽培していた。彼は、年に十数回にわたり散布する農薬が原因で
皮膚に異常をきたしてしまい、寝込むこともある妻の体を心配して、
無農薬でリンゴを育てることを心に誓う。
だが、農薬を使わないリンゴ栽培はその当時「神の領域」ともいわれ、
実現するのは絶対無理だと思われており……。

と言う感じ。

この作品、実話を基に、リンゴの無農薬栽培を成し遂げた、
農家の苦難を描いています。

これ、観て損は無いです。
DVDなら、ぜひぜひ。

青森なまりは完ぺきではありませんが、出演者の演技はいいです。
そもそも、私自身が青森弁に精通してませんから、
このぐらいの演出が、聞きやすくて良かったです。

山崎努さん、黙っていてもいい味出してます。

笑顔って人間にしか出来ないんだなぁ、という事。
そんなに深く考えた事ありませんでしたが、そんな当たり前の事が、
人と人との触れ合いで、とても大事なんだという事を教えてくれます。

あと、菅野美穂さん、ほぼすっぴんでも綺麗です。
なして、劣化しないのかな(笑)?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ae86bj70y60rz185r32.blog112.fc2.com/tb.php/1788-1f9c427f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

検索フォーム

今何時?

リンクして頂いた皆さん

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ご訪問件数

QRコード

QR