クルマとミニカーのにわか道楽日記

タイトルとかけ離れた事ばかり好き勝手に書いてます。

アメリカンスナイパー。

ご訪問ありがとうございます。

amesni.jpg

いやー、久々に良かったです。


まずはあらすじ。

「レジェンド」と呼ばれた、クリス・カイルの自叙伝を実写化したドラマ。
アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズ所属のスナイパーであった彼が、
イラク戦争で数々の戦果を挙げながらも心に傷を負っていくさまを見つめる。

という事で、実在の人物を元にしたストーリー。
戦争で「アメリカ」を守る事は、すなわち「家族」を守る事でもある。
そのバランスを保つのは、とても大変だというのがひしひしと伝わってきます。


人間じゃなく、「敵」なんだ。
だから、「敵」は倒さなければならないんだ。

これは第二次世界大戦で戦った元アメリカ兵の言葉です。

何の罪も無い日本人を無差別に銃撃し、それを正当化している。
最初はそう思ってしまいました。

しかし、その人の言葉は、単に正当化しているだけではなかったのです。
その元アメリカ兵もまた、PTSDという病に苦しみ、克服する為に、
自分自身にそう言い聞かせていたのです。

主人公である、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル。
引き金を引き、命を奪っていく「敵」の中には、女性や子供もいる。
しかし、味方を助ける為には、敵を倒すしかない。
そんな戦闘が続くイラクに4回に渡って送られた彼は、心に深い傷を負ってしまう。

多くの人はその現場に行った事さえ無いでしょう。
でも、そこで生き延びる為に、仲間を救うために、引き金を引き続ける。

色んな事を考えさせられる映画です。

戦争の悲惨さだけでなく、家族と本人の苦悩も上手く描かれています。
上手く、というよりは「リアル」という言葉のほうが相応しいです。

私はエンディングを観ながら、静かに涙があふれてきました。

で、DVDでご覧になる場合、特典映像が入ってるんですね。
これが、非常によく出来ています。こちらだけでも十分だと思えるほど。

主役のブラッドリー・クーパー、いいですね。
ちょっとロビン・ウイリアムスに似てるかな。

観て良かったです。
ご覧になられてないなら、観た方が良いですよ。

そう言い切れるほど、良い作品だと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ae86bj70y60rz185r32.blog112.fc2.com/tb.php/1798-768c50f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

検索フォーム

今何時?

リンクして頂いた皆さん

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ご訪問件数

QRコード

QR