クルマとミニカーのにわか道楽日記

タイトルとかけ離れた事ばかり好き勝手に書いてます。

海街diary。

ご訪問、ありがとうございます。

久々に、映画の感想でも。

umimachi.jpg

感想は続きにて。

まずは、あらすじ。

鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。
そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが。
葬儀が執り行われる山形へと向かった三人は、父と他の女性の間に生まれた、
異母妹すず(広瀬すず)と対面する。身寄りがいなくなりながらも、
気丈かつ毅然と振る舞おうとするすず。
その姿を見た幸は、彼女に鎌倉で自分たちと一緒に暮らさないかと持ち掛ける。
こうして鎌倉での生活がスタートするが…。 (シネマトゥデイより)

という感じ。

原作はマンガなんですね。全然知らずに観てました。

で、感想。
好みが分かれる作品ですが、私は好きです。

というのも、ストーリーはかなり淡々と進むんです。
なので、盛り上がりと言えるものはほとんどありません。
ちょっとややこしい姉妹の日常を映し出していく感じです。

でも、それが私には響きました。
あ、綾瀬はるかちゃんや、長澤まさみちゃんがかわいいだけかも(笑)。
…て言うのは冗談で、出演者の演技力に惹かれました。
その役のセリフだけでなく、表情やしぐさできちんと表現している。
原作は知りませんが、キャスティングが素晴らしいです。

日本の四季を綺麗に表現するのもとても上手です。
じんわり、ほっこり、というのが相応しい言葉かな。

家族や兄弟で何か心にわだかまりのようなものがある方は、
これを観るともっと素直にならなきゃ、なんて気になるかも。

ただ、ハマらない人は寝ちゃうと思いますので、要注意。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ae86bj70y60rz185r32.blog112.fc2.com/tb.php/1901-98cda627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

検索フォーム

今何時?

リンクして頂いた皆さん

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ご訪問件数

QRコード

QR