fc2ブログ

クルマとミニカーのにわか道楽日記

タイトルとかけ離れた事ばかり好き勝手に書いてます。

さよなら、弦さん。

ご訪問ありがとうございます。

今日、仕事中のカーラジオから、気になる名前が聞こえてきて、
ちょっと嫌な感覚が心をよぎったというか。

その内容は、若山弦蔵さんが亡くなったというものでした。

ご高齢だったので、いつかはこの日が来るとは思ってましたが、
突然だったので、やはり驚きました。

若い方は知らない名前かもしれません。
ショーン・コネリーの吹き替えや、スターウォーズのオープニングの吹き替え、
そして、私がラジオのミキサーをしていた頃の番組MCでもありました。

まだ私がミキサーになりたての頃、研修として様々な番組の見学をしていました。
ニュース系、バラエティ、スポーツなど、いろいろ。
その中に、「バックグラウンドミュージック(BGM)」という番組がありました。

他の番組は仕事の一つとして見学していたのですが、
「BGM」だけは違いました。
私の中で、これは自分の仕事にしたい、と思ったのです。

内容は、イージーリスニング系の音楽を流し、
途中に短いストーリーがあるという、
音楽と物語を楽しむシンプルなものでした。
昔NHKで放送していた「クロスオーバーイレブン」といえば、
わかる方はいらっしゃるかもしれません。

当時、先輩のミキサーが「この番組は渡さない」と言われてたのですが、
他の仕事がない日は必ず収録の見学に行き、
仕事があっても覗きに行ったりと、
ディレクターやプロデューサーに「また来たの?」
なんて事を言われながら顔を出してました。

その番組のパーソナリティーが若山さんでした。
物静かな方で、正直最初はおっかない人なんだろな、と思っていました。
仕事にも厳しく、ミキサーがミスをするなど許されないという雰囲気。
でも、実際はとてもやさしい方で、スタッフにも気遣いを常にされており、
収録後に毎回開かれる食事会では、若山さんが全て食事代を負担していました。
これは、通常番組が出すものですが、若山さんはそれをしない方でした。

というのも、単なる見学の私も食事会に連れて行ってくれるという、
同じ会社とは言え、番組スタッフでもない私までごちそうして頂くなんてことは、
普通だったらあり得ないことでしたので。

そんな感じでちょくちょく顔を出しているうちに、
先輩ミキサーが根負けして、
「そこまで好きならゆずってやるよ」と言ってくれたのです。

まぁ、週2回収録のうちの1回は手放してくれませんでしたが。

若山さんの事は、「弦さん」と親しみを込めて呼んでました。
ただ、本人を目の前にするとなかなか呼べなかったですけどね。

収録はほとんどNGは出さない(というか恐れ多くて出せない)
のですが、ご本人が納得いかない場合、ご自身から、
「もう一回」という声がスタジオに響きます。
スタッフは、どこがダメなの?と思うのですが、
自分自身に厳しい若山さんならでは、なんでしょう。

私が番組に関わっていた頃は、みんなで旅行にも行きました。
その旅行で、私は真冬の海に落っこちまして、
スタッフみんなに言われた事がありました。
「弦さんが爆笑してるの初めて見た」と。

ある意味、凄い事をなし得た瞬間でした。

思い付くことをつらつら書いていると、
当時の収録スタジオの様子が甦ってきます。
あの収録の時間や食事のひとときは忘れる事は無いでしょう。

ご冥福をお祈り致します。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ae86bj70y60rz185r32.blog112.fc2.com/tb.php/2353-51303c46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

検索フォーム

リンクして頂いた皆さん

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ご訪問件数

QRコード

QR