クルマとミニカーのにわか道楽日記

タイトルとかけ離れた事ばかり好き勝手に書いてます。

ロッキー・フラッツ。

ご訪問、ありがとうございます。

今日は真面目ネタです。
なので、携帯サイト以外は続きにて。
TVを観てましたら、アメリカの核についての特集が。

タイトルのロッキー・フラッツとは、
アメリカで1992年に解体された核兵器工場です。

今、アメリカのオバマ政権では、核兵器施設の解体が進んでいるそうです。

で、今までは厳格な守秘義務を命ぜられてたので、
外部に漏れる事がなかったのですが、解体により守秘義務が無くなり、
それらの施設で働いていた人々が、事実を公表しようと動いているのだとか。

施設で働いた多くの人が、ガンや白血病に罹って亡くなっています。
しかし、施設で働いた記録が抹消されている為、
国からの保障も受けられず、しかも工場が閉鎖され、
失業している人は、保険も効きません。

施設では、かなり重大な事故が何度も起きており、
酷い所では、施設の放射能で汚染された廃液を、
そのまま周辺の川に流していたという実態まであります。

ロッキー・フラッツの解体では、廃プルトニウムが800キロも出たり、
インフィニティー・ルームという重大事故が起きた部屋では、
放射能汚染されたままの施設が残っていたのですが、
それらを地中に埋めているそうです。

メルトダウン寸前の事故まであったというのに。

現在、施設跡地は自然保護区になっているのですが、
人間は立ち入り禁止だそうです。
そこに住む動物たちは大丈夫なのでしょうか。

中東や北朝鮮では、核開発にやっきになっていますが、
将来、その核をどう処理するのかを考えていないのでしょうね。

アメリカは今後も核開発を続けるようです。

ぜひ、施設で起きた事を公表し、核の恐ろしさを伝えて欲しいと思います。


もうこのような施設を増やさないためにも。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。

核開発、なぜ必要なのか分かりません。話せば分かるじゃん、ってのは綺麗事かもしれませんが、核兵器を持ち込んでまで解決しなければならない問題なんて、ないはず。
国防のため、抑止力なんてホントに無意味で虚しいです。
世界一を自負するならば、影の部分にも光を当てるのがアメリカの使命ですよね。

おはようございます!

原発を持ち
さらにアメリカの核の傘の下にいる
日本にとっても
何とも言えない話ですね……

せめて
国の保障が得られれば……

こんばんは!

珍しくまじめなネタに反応してしまいました。

何しろボクの住んでいるところは,原子力施設を有する3市町村に囲まれているものですから・・・。
99年に東海村で臨界事故が起きた際には,自宅と仕事場があわや半径10キロ圏内,というところで外出制限に引っかかるところでしたし,亡くなったお二人のうちの一人は,直接は存じないのですが,知り合いの知り合いの方でした。

核兵器施設と単なる原子力施設の違いはあれど,何かあったら,いつ被爆してもおかしくない環境にいるので,ホント他人事ではないですね。

hirokiさま

コメントありがとうございます。

> 核開発、なぜ必要なのか分かりません。
> 国防のため、抑止力なんてホントに無意味で虚しいです。

本当ですね。
武力には武力で制す、という事なんでしょうが、
結果として、自国の人々が犠牲となっているのでは、
何のための抑止なのか、分かりません。

> 世界一を自負するならば、影の部分にも光を当てるのがアメリカの使命ですよね。

確かにそう思います。
でも、一番怖いのは、隠す事により、犠牲となった技術者が、
北朝鮮やイランに技術提供してしまう事だと思います。

負の連鎖がどんどん進まない事を祈ります。

すぶた さま

コメントありがとうございます。

> せめて国の保障が得られれば……

そこなんでしょうね。
国の為だと信じて必死で施設で働いた人々を保証する。
せめてもの償いをして欲しいと思います。

すでに起きてしまった事ですから、
何でも闇に葬らないで欲しいと切に願います。

ヒデちゃんさま

コメントありがとうございます。

> 99年に東海村で臨界事故が起きた際には

大きな事故がありましたね。あの頃私はメディアの仕事をしてまして、
勤務が一日違ったら現地に取材に行ってました。

>亡くなったお二人のうちの一人は,直接は存じないのですが,知り合いの知り合いの方でした。

放射能の専門施設だとばかり思っていましたが、
行っている作業は酷く原始的なやり方でしたよね。
よくあれで今まで事故が無かったものだと思いました。
亡くなった方のご冥福をお祈り致します。

> 核兵器施設と単なる原子力施設の違いはあれど,何かあったら,いつ被爆してもおかしくない環境にいるので,ホント他人事ではないですね。

これは放射性物質を扱うという点では、違いは無いと思います。
いくらCO2を出さないとは言え、もっと環境に優しい発電方法があるのでは。

発電所も老朽化し、いつかは解体する事になるでしょう。
実際に東海村も老朽化が進んでいますし、
その時、本当に周囲の環境に対処できるのか?と思ってしまいます。

風力や太陽熱がもっともっと増えるといいのですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ae86bj70y60rz185r32.blog112.fc2.com/tb.php/570-d49d47b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

検索フォーム

今何時?

リンクして頂いた皆さん

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ご訪問件数

QRコード

QR