クルマとミニカーのにわか道楽日記

タイトルとかけ離れた事ばかり好き勝手に書いてます。

赤いS30。

ご訪問、ありがとうございます。

昨日、水のペットボトルの生産が大変だと言うニュースを見ました。
何が大変かというとですね。

水自体はあるんですよ。それとペットボトルも。
何が無いかというと、ボトルキャップ。

これを生産している工場が被災してしまったんだそうです。

他にも自動車部品の工場なども被災し、この影響で、
アメリカの工場までもが操業停止になってたりします。

改めて、東北の経済が日本だけでなく、
世界にとって重要だと言う事が分かります。
一日も早い復興を願わずにはいられません。


という事で、本日はジャパンパワーが形になったミニカーを。
IMGP8979.jpg
Kyosyo 1/43 NISSAN FAIRLADY Z-L (1969)

2002年4月に購入。当時売れ残りのセール品。
野口さんお一人分でした。漱石さんだったかな?

IMGP8966.jpg
この「Z-L」というグレードは、当時の豪華装備を付けたもの。
5速MT、AMラジオ付カーステ、助手席フットレスト、リクライニングシートなど。
うーん、充実装備です。

IMGP8969.jpg
1,998cc直6SOHCエンジンからは125~130psを発生。
車重が1t前後ですから、そんなに非力ではないですね。
今のクルマと比較してはいけません。

IMGP8971.jpg
あれ?リアの車軸が曲がってます…。
これって、ポジキャンていうんですかね。
昔持ってたラジコンのホリデーバギーはこんな感じでした。

IMGP8972.jpg
この角度から見たZ、好きです。ロングノーズ、ショートデッキが美しい。
ジャガーのEタイプに似てるな、と思ったら、そのイメージなんだそうで。
240Zの縦2連マフラーが欲しい所。

IMGP8974.jpg
S30Zは1969年から1978年まで実に9年間も生産されました。
総販売台数は、なんと55万台。うち、国内販売でも8万台。
「DATSUN」の名を世界に知らしめた日産の記念碑的車両だそうです。

L型、根強い人気が今でもありますね。
というか、今でも欲しいクルマです。

こんなに元気なクルマを生み出せたのですから、
また、世界に名立たるクルマを作れますよね。




では、ここからは産経新聞の抜粋です。


 ズドン。重い爆発音が響き渡った。今月14日午前11時1分、東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発3号機が水素爆発を起こし、原子炉建屋の上部が吹き飛んだ。東電の下請け業務をする協力会社のベテラン社員、根本誠さん(47)=仮名=は隣の2号機で電源復旧作業に当たっていた。

 外へ出ると3号機は鉄の骨組みがむき出しになり、コンクリートのがれきが散乱、灰色の煙がもうもうと青空へ立ち上っていた。

 「もうだめだ…」

 仲間の声が聞こえた。根本さんは「放射線を食らうぞ。避難するんだ」と声を上げて防護服のまま、がれきの上を走った。作業基地となっている免震重要棟まで1キロ近く、最後は息切れして歩いてたどり着いた。

 全員の無事を確認し、同僚4人ほどと喫煙室で「やばかった」「もし外にいたらかなりの線量を食らっていた」と話した。仲間を見ると、たばこを持つ手が震えていた。

 根本さんは震災発生時、第1原発の事務所3階にいた。東電の要請に応え、同僚十数人と原発に残った。

 「被曝の危険性があることは分かっていたが、復旧には私のように原発で18年働いてきたような者が役に立つ。そう覚悟を決めた」

 根本さんは4日間働き続け、水素爆発に遭遇した翌日に当たる15日朝、緊急退避命令により避難した。

 東電によると、第1原発では連日300~500人が働き、30日は東電社員253人、協力会社の社員50人の計303人に上った。1日2食に毛布1枚という過酷な環境で作業を続ける彼らの大半は地元の住民である。東電社員の中には5日間で年間被曝線量の上限の50年分を浴びた人もいた。

 被曝という生命の危険を冒してまで、なぜ彼らは行くのか。

 ■「行きます」と志願

 東京電力福島第1原発で保守の仕事を請け負う会社に勤める佐藤大輔さん(27)=仮名=は今月16日、同僚20人とマイクロバスに乗り第1原発へ向かった。元請けの協力会社から打診され「行きます」と志願した。5号機の冷温保持にかかわる作業だった。

 「原子炉が爆発したら終わりだが、この仕事を9年間続けてきた経験から、招集がかかるうちは何とかなると判断した。ただ、中には会社員として行かざるを得ないという人もいて、車内の空気は沈んでいた。年長の作業員は『もう死ぬのか』と青い顔をしていた」

 佐藤さんは、15日に2号機が爆発した際、現場から5キロ地点のオフサイトセンター(緊急時対策拠点)にいた経済産業省原子力安全・保安院の職員らが約50キロ離れた郡山市まで退避したことを挙げ、こう話した。

 「誰かがやらなきゃならないことだから、やっている。ほかの専門的な仕事と職種が違うだけのことだと思う。保安院の人たちもそこに作業員がいる限り、とどまるのが仕事ではないか。専門家が住民より遠くへ逃げたら、誰を信じればいいのか。そういう人たちがいるから、原発へ行く者が英雄視されるのではないか」

 ■応援組「国民のため」

 復旧作業には、地元住民ら作業員だけでなく東京消防庁のハイパーレスキュー隊や自衛隊、警視庁などの「応援組」も放水活動のために駆けつけた。

 大阪市消防局は53人が20日夜から90時間、東京消防庁の活動を支援した。本人の意思を確認した上で、職務命令が出される事実上の志願だった。指揮を執った片山雅義警防担当課長代理(48)は「東京消防庁が孤軍奮闘、国民のために命がけで戦っているのを、同じ消防職員として見過ごすわけにはいかない思いだった」と語った。

 「私の息子は24歳だが、ほぼ同じ年齢の東京の隊員が体を震わせながら、『任務ですから』とだけ言い残して出動していった」

 原発から約20キロ地点の前進基地から、800メートル地点の指揮所までサイレンを鳴らし移動中、自分たちに向かってお年寄りら6人ほどの住民がおじぎをした。

 片山さんは「腰を90度まで曲げて、深々とおじぎをされた。その姿を見て、これは絶対に何かお役に立って帰らなければと思った」と話した。

 ■生活…「浜通り」の現実

 かつて有数の出稼ぎ地帯だった福島県の太平洋岸「浜通り」地方。

 この地に昭和42年の福島第1原発1号機の着工から平成5年の広野火力発電所4号機の完成まで、四半世紀にわたり原発10基、火力4基が作られた。福島大学の清水修二副学長(62)=財政学=の研究によれば、総事業費は2兆円余り、月当たり71億円に上った。

 清水さんは「建設が終わった後も運転保守の仕事が続き、6町2村で人口7万2千人の双葉郡の2世帯に1人は発電所で働いている。現在、復旧作業を続けているのは使命感や責任感もあるだろうし、原発への依存度が高いがゆえに『生活のため』という面もあるだろう。地元にはそういう現実がある」と指摘する。

 発生当初から復旧作業に当たり、現在は避難生活を送る根本誠さんは、来週にも第1原発へ戻るという。

 「消防や自衛隊の方は公務だから、われわれ会社員とは使命感の持ちようも異なるかもしれない。3号機で被曝した3人の中には私の部下もいる。少ない人数で頑張っているのを知っている。むろん、行かなくても誰も責めないだろうが、自分がよしとはできない。仲間のために私は行く」

スポンサーサイト

コメント

現場で頑張ってくれている人たちのコメントが出て来る度に悲しいのと怒りとが込み上げて来ます。
まさに『事件は現場で起こってる』です。

『生え抜き』は最初から東電社員だったってことです。
なおさら責任を感じて倒れたんじゃないですかねぇ。

こんばんは。
毎度感慨深いお話を読ませて頂き、色々な気持ちが込み上げて参ります。
徐々に落ち着きを見せ始めている福島県中通りの人間としても原発に関しては色んな意見が飛び交っています。
これに関しては自分ごときにはどうにも出来ない問題...
文句を言っても状況は変わらない、
何か手伝えることがあるなら被爆覚悟で手伝いに行きたいと思っています。嫁の了承も得ましたし自分の周りには少数ですが同じ意見の人間が居ますので。
自分ごときで少しでも状況が好転するのならいくらでも。
でも現状では何も出来ない自分にイラッと来てしまいます...

福島はワンともの地元です。
知名度ランキングなどではいつも下位でしたけど、
こんな事で世界中から注目されるとは思っても見ませんでした。
原発で作業する人達にはすがるような思いです。
せめて食事や寝具など環境を改善してあげられないんでしょうかね。
避難住民に対してもそうですけど、東電と政府の対応は雑です。
保安院などももっと原発に近い所にいるべきだと思います。
日本がダメな時、指揮官はいつも安全な所にいて「やれ」とだけ言いますね。

えーちゃんさま

まいどです。

ほんと、見るたび聞くたびに悲しみと怒りですよね。
東電の現場の方や協力会社の方は称賛されるに値します。

『生え抜き』、皮肉ったつもりですが、頭の悪いコメントになってしまい…。
今までずっと東電にいたせいで、うまく隠せば大丈夫、と言う意識では?
だから、今回も放射能漏れを情報操作したのでは?と思ってしまいます。
で、結局最後は逃げる。

避難所には倒れてる人たくさんいます。
この非常時に仕事しないなら、辞めるべきでは?という気持ちになります。

67GTさま

こんばんは。

あ、今回は記事を転載しただけですので、何と言うか…。
67GTさんは被災地にありますから、色々大変かと思います。

私こそ何もしていないのですから、偉そうな事言えません。
でも、無茶はしないで下さいね。

IAEAも現地入りしたようですし、情報が分かってからのほうが、
より有効な活動が出来るかと思いますし。

出来る事なら、私も行きたいくらいです。
仕事が落ち着いたら、福島を訪れるつもりですので、
その時はご連絡しますね。

ワンとも さま

コメントありがとうございます。

実は、私も福島の天栄村に住んでいたんです。
職場は郡山と須賀川に事務所がありました。

いわきではダイビングのライセンスも取得しまいた。
なので、自然豊かな福島が被害に遭っていると思うと、本当に辛いです。

作業員の方々の食事や寝具など、こういう声を上げる事も、
政府や東電を動かす力になるかもしれませんから、言わなければと思います。

今のトップでは、これだけ多くの問題を処理する事は不可能でしょう。
なんでこんな人たちを選んでしまったんでしょうね…。

とにかく、生きている人々には希望をあげて欲しいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ae86bj70y60rz185r32.blog112.fc2.com/tb.php/644-d00eddee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

検索フォーム

今何時?

リンクして頂いた皆さん

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ご訪問件数

QRコード

QR