クルマとミニカーのにわか道楽日記

タイトルとかけ離れた事ばかり好き勝手に書いてます。

K-PAX。

ご訪問、ありがとうございます。

この頃、映画館で観たい映画が無いので、
あまりレイトショーで観ていません。

その分、DVDで観てるのですが、
久々に当たりの映画が。

ネタばれはさせないようにしますが、
一応続きにします。

k-pax.jpg

いつものごとく、携帯以外ですけどね。

さて、お題になってる「K-PAX」。
サブタイトルは(光の旅人)と付いてます。

これ、小説で先に読んでました。
作者はGene Brewer(ジーン・ブリュワー)。

とにかく、面白かったんです。
もっとこの人の作品を読みたかったのですが、
これ以降目立った作品が無いんですよね。

翻訳されて無いだけかな?

で、小説が面白過ぎたので、
2001年に映画化されると聞いた時は、観なくていいや、と。

それが、久々にこのタイトルを見つけてしまい、
内容も忘れてたので、良いタイミング。

ジャンルは、SFになるんでしょうね。
でも、CGとか特に無いです。

映画の主演は、ケビン・スペイシーと、ジェフ・ブリッジス。
うーん、両方とも好きな俳優です。

ケビン・スペイシーは、「アメリカンビューティー」の
ちょっとイっちゃったお父さん役でアカデミー賞受賞。

ジェフ・ブリッジスは、邦題「恋のゆくえ」でファンに。
タバコの吸い方がカッコ良かったんですよね。
私は吸いませんけど(笑)。

あ、古い「トロン」にも出演してたんですね。

この二人の出演シーンがほとんどですが、
それでも非常に話に吸い込まれていきます。

原作をうまく活かした脚本が良いんでしょう。
10年も前の作品とは思えないです。

これは、あらすじとかあまり書きたくないです。
ラストは結構悲しい感じですが、観て損は無いです。

はい、断言します(笑)。

小説はより話が深くて引き込まれますので、
一気に読めてしまうと思います。

もし、これからご覧になる方は、
エンドロールは最後まで観た方がいいかも。

それと、ちょっと夜空を見たくなると思いますよ。


うーん、ここまで小説をうまく映像化してくれるとは。

原作がいいと、映画も必然的に面白い。
もっと早くに観ておけば良かったと思う映画です。


あ、小説読むと、K-PAX星の謎が映画より分かります。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ae86bj70y60rz185r32.blog112.fc2.com/tb.php/713-232a21c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

検索フォーム

今何時?

リンクして頂いた皆さん

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ご訪問件数

QRコード

QR