FC2ブログ

クルマとミニカーのにわか道楽日記

タイトルとかけ離れた事ばかり好き勝手に書いてます。

10年と半年と。

ご訪問ありがとうございます。

今日はタイトル通り、あの時から10年と、もう一つは半年。


月日の経つのは早いですね。


もちろん、当事者の方は早いなんて事はありません。
たくさんの困難があったでしょう。


10年前の9/11。

私はまだ実家にいて、仕事から帰ってきた所でした。
テレビを付けると、タワーから煙が。

飛行機が激突?
ありえないでしょ?

そんな思いで見ていました。

この時思い出したのが、日航機の墜落事故でした。

まだ中学生の頃、テレビを見ていたら、速報のテロップが。
確か、日航ジャンボ機が消息を断つ、と。

その記憶が鮮明に甦りました。



震災からは半年。
9月10日現在で死者・行方不明者は1万9867人。

今も原発の冷却作業は続き、「死の町」と発言した大臣が辞任。
福島を含む被災地からの転出が後を絶たないようです。

テレビで福島原発の設計について取材していましたが、
地震や津波への重大事象には弱い原子炉との事。
これは20年も前に分かっていた事のようです。


この記事で、何かを変えられる訳ではありません。

忘れない事。

そして、今、ここにいる事に感謝します。

スポンサーサイト



コメント

忘れない、これが私たちがしなければならない大切な事ですね。
例の大臣の発言も災害の現実である意識が薄れてきた表れ、
思いたくはないですが、
今の世間に流れる空気を象徴しているのかもしれません。
ただ彼の場合は現場に行ってきた後なのに、ありえない事です。
もっと大人がしっかりしないと駄目ですね。

k5さま

こんばんは。

多分、被災地以外の場所では、記憶が薄れているのだと思います。
私も常に意識をしないと、薄れていくと思います。

>もっと大人がしっかりしないと駄目ですね。

震災孤児も多数出ているのですから、
手本となる人が「放射能うつした」だの、
言ってる場合ではありませんよね。

忘れない事。
継続する事。

私もしっかりしなければと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ae86bj70y60rz185r32.blog112.fc2.com/tb.php/847-d6a92094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

検索フォーム

リンクして頂いた皆さん

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ご訪問件数

QRコード

QR