クルマとミニカーのにわか道楽日記

タイトルとかけ離れた事ばかり好き勝手に書いてます。

尊厳。

ご訪問ありがとうございます。


今日はミニブロ博のリンクは外します。


先日、この記事を読んで、泣きました。

尊厳とは何か。

かなり長い記事であり、
お読みになりたくない方もいると思うので、
携帯以外は続きにて。


「東日本大震災では政策ばかりが議論される。
しかし大切なのは、犠牲になられたご遺体にどう接して、
どう尊厳を守るかという事だった。
そして、それをやってくれていたのが、
遺体安置所で働いていた地元の人たちだった」
(岩手県釜石市、野田武則市長)

東日本大震災で岩手県釜石市は約1,100人の死者・行方不明者を出した。
昨年10月には同市の遺体安置所を舞台にしたノンフィクション、
『遺体――震災、津波の果てに』(石井光太著・新潮社)が発売。
現在九刷のベストセラーとなっているが、その発売を記念して、
仮設商店街にある「復興ハウス」で講演会が行われた。

講演会では、野田市長を始め、遺体安置所での仕事に関わった人々が登壇。
当時の遺体安置所でくり広げられていた光景について語った。

市長によれば、遺体安置所の設置が決まったのは、3月11日の震災直後だった。
津波が町を襲った後、警察関係者が被災した市役所にいた市長のもとへ駆けつけた。

「膨大な数の遺体が出る可能性がある。すぐに遺体安置所を設置したい」

すぐにそれに応じ、5年前に廃校になっていた釜石第二中学校の体育館を
遺体安置所にすることに決めた。野田市長は当時の思いを次のように語った。

「波が去った後、町はがれきの山になり、
そこにご遺体がバラバラと転がっている状態でした。
あっちで2体見つかった、こっちで4体見つかったと
次から次に報告が来るのです。
一体どれだけの犠牲者数になるか想像もつきませんでした。
私は、がれきの中にあるご遺体の尊厳を守りたいという一心で
遺体安置所をいち早くつくったのです」

町で見つかった遺体は、報告があった順から体育館の床に並べられた。
棺もなく、毛布にくるまれた状態のままだった。

翌朝の明け方には、岩手県警のチームが到着。
9時からは地元の開業医や歯科医が遺体安置所に集結し、
停電で明かりすらつかない冷たい体育館内で、
死体検案、歯型確認、身元確認作業が行われた。

当時、遺体安置所にいた関係者は、
まさか犠牲者数が1,100人にのぼるとは想像もしていなかった。
大半の者たちが津波によって沿岸への道が行き止まりになっていた為、
わずか3キロ先の被災地まで行けず、何が起きていたのかわからなかったのだ。

だが、この日の朝に秋田県から入った陸上自衛隊が
被災地で次々と遺体を発見する。
瓦礫をどかす度に、次々と遺体が出てくるのだ。
また、地元住民からも「倒壊した家に知らない人の遺体がある」とか
「うちの父の遺体が車の中にある」という通報が入った。

急遽、これらの町で発見された遺体を遺体安置所へ運ぶ班が必要となった。

釜石市で遺体搬送を行うことになったのは市の職員だった。
遺体安置所の管理や遺体の搬送は自治体の責任で行われていた為、
働くのは市の職員になる。

その一人、松岡公浩(当時46歳)は教育委員会に属する
生涯学習スポーツ課の職員だった。
13日の朝、課長から呼び出され突然辞令を出された。
そして訳もわからぬままダンプカーを運転して被災地へ赴いた。

そこで目にしたのは、空き地に並べられた遺体の山だった。
毛布をめくると、松岡の知り合いが冷たくなって横たわっていた。
お腹の大きな妊婦もいた。母子ともに津波に飲まれてしまったのだ。

松岡は語る。

「初めは愕然としました。しかし、犠牲者を泥だらけのまま、
ここに放置しておくわけにいきません。なんとか家族の元へ返してあげたい。
そういう思いで、3体ずつダンプカーの荷台に載せて遺体安置所へ運びました。
しかし、次から次に運ばなくてはならない遺体は増えてくる。
一体いつになれば終わるのかという思いでした」

一方、遺体安置所では急ピッチで死体検案や身元確認作業が行われていた。

この時、70歳になる一人の男性が遺体安置所を訪れる。千葉淳だ。
彼は民生委員として避難者の支援を行っていたが、
膨大な犠牲者が運ばれていると聞いて遺体安置所に駆けつけたのだ。

そこで目にしたのは、体育館の床に隙間もなく並べられた遺体だった。
どの遺体も死後硬直し、助けを求めるように手が曲がっていたり、
苦しそうに口を開けていたりしていた。家族がこれを見たらどう思うだろうか。

千葉は3年前まで地元の葬儀社で働いていた。
自分ならば、遺体の尊厳を守り、家族に引き渡してあげられる。

そう決心すると無償のボランティアとして遺体安置所の管理人をする事になった。

千葉が行ったのは冷たくなった遺体に声をかけることだった。
生きていた時と同じように声をかければ死者は尊厳を取り戻す。

毎朝5時半に遺体安置所へ行き、千葉は一体ずつドライアイスを換えながら声をかけた。

「昨日は寒かったね、ごめんね。
でも、今日こそ家族が見つけに来てくれるからね。
それまできれいでいるために少しだけ辛抱してね」

昼になると、少しずつ家族がやってくるようになる。
行方不明の肉親が運ばれてきていないかどうか捜しに来るのだ。
家族は次々と肉親が遺体となって横たわっているのを発見する。

あちらこちらで嗚咽する声が響く。

ある親は毎日のように安置所にやってきて、
生後54日の赤ちゃんの遺体の前で泣いていた。
津波に飲み込まれた際、手を離し赤ちゃんだけ波に飲まれてしまったのだ。
親は遺体の前で泣きながらくり返し謝っていた。

「ごめんね。死なせてしまってごめんね」と。

悔やんでも悔やみきれなかったのだろう。
そんな時、千葉はそっと傍に寄り添い、こう語りかけた。

「坊やは、ママやパパが助けようとしてくれた事を感謝しているもんな。
恨んでなんかいないもんな。天国からありがとうって言ってるもんな」

この言葉によって、遺された両親はどれだけ救われただろう。

千葉は、このように遺体や遺族に語りかけつづけた。
死化粧をしたり、死後硬直をほどいたりしながら声をかけた事もあった。
そのような事のつみ重ねでしか、遺族の心を和らげる事はできない事を知っていたからだ。

震災発生から約2カ月間、被災地の遺体安置所ではこうした光景が、
絶え間なくくり広げられていたのである。

2012年、1月14日に仮設商店街の「復興ハウス」で行われた講演会では、
野田市長、遺体搬送班の松岡、民生委員の千葉などが次々と登壇。
2時間にわたって、当時遺体安置所で起きていたことを生の言葉で語った。

千葉は涙にむせびながら当時をふり返り、
松岡は奥歯をかみしめてうつむいていた。
生後54日の赤ちゃんを失った夫婦も客席にすわり、涙を流していた。

その前で、野田市長は次のように話した。

「ああいう状況下では、行政にできることは限られています。
遺族や犠牲者の尊厳を守ることまで手が回らなくなってしまうのです。
また、ルールとしてできることも限られています。
しかし、今回の震災では遺体安置所にかかわった一人一人の〈思い〉が
足りない部分を補い、傷ついた遺族を支えました。
こうした〈思い〉こそが、被災地の復興において非常に大切な事になってくるのです」

あと1カ月強で、被災地は一周年を迎えようとしている。
だが、今でも月に何体も遺体が見つかっている。
それを支えているのが、地元の人たちの一人一人の〈思い〉なのである。

現在、野田市長は仮設住宅などのインフラを整える一方で、
ことある度に遺体安置所の光景が書かれた『遺体――震災、津波の果てに』を
読むように勧めているという。先日は岩手県知事にも勧めた。

被害者の心の復興のために必要な〈思い〉を考えてほしいからだという。

テレビや新聞は、遺体の尊厳という事に、ずっと目をつぶりつづけていた。

しかし、被災地では一年が経ち、
尊厳についてもう一度考え直そうという動きが生まれつつある。

被災地以外の地域に暮らす人々も、
今だからこそ改めてそのことについて考えていかなければならない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ae86bj70y60rz185r32.blog112.fc2.com/tb.php/993-1d6baa66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

検索フォーム

今何時?

リンクして頂いた皆さん

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ご訪問件数

QRコード

QR